トップ >> 摂食障害の当事者が支えあう あかりプロジェクトの活動(支えあい活動)

あかりプロジェクトの活動(支えあい活動)

支えあい活動って?

共感しあえる人や聞いて受けとめあえる人の存在が自分自身の力を感じることにつながって、
ひいては生きることが楽になっていく という考え方のもと、
摂食障害経験者のリカバリーフレンドがお世話係となってすすめている活動です。

リカバリーフレンドって?「リカバリー(回復)を望む人をお手伝いする友人のような存在」という意味合いです。「あの苦しみの中にいる仲間の力になりたい」と願う摂食障害経験者が、継続的に学びながら支えあい活動を行っています。いわゆる“専門家”としてではなく、同じ悩みや苦しみを味わった“仲間”として、対等な視線で、ただただ気持ちに寄り添って共感しあう。わかちあう。そんな存在を目指しています。そこには上下関係はなく、アドバイスや分析もありません。