トップ >> 摂食障害と暮らす >> さちがちゃの知っ得?!情報館

治療に関する情報

摂食障害とからだ

摂食障害と社会資源

イベント・ワークショップ

本と出会う

摂食障害と仕事

友人・恋人・家族

摂食障害と社会資源 ~さちがちゃの知っ得?!情報館

福祉の制度や社会資源には、摂食障害と暮らすときに役立つものが実はたくさん存在します。だけど、意外に知らなかったり…。そこでここでは、精神保健福祉士さんとして福祉の道を歩みはじめたさちがちゃさんが、摂食障害と暮らす際に役立ちそうな様々な福祉の制度について、わかりやすく噛み砕いて教えてくださいます!

◇ さちがちゃさんプロフィール ◇

名前    : さちがちゃ
家族構成  : 夫・娘(中学生)の3人家族
年齢    : 花の(?!)30代
摂食障害歴 : 約7年

多忙な仕事、父の介護、小さな娘の世話などにより、10年前にウツになり、仕事を休職。3度ほど入院をする。
その後、食事が食べられない、食べるとすぐに吐き気を感じて痩せ始める。
やがて食べられなかった反動で、過食しては気持ちが悪くなり吐くことがクセになる。
そして、30キロ台になったため、自ら希望して4回目の入院。
退院して1年ほどで、摂食障害が回復。
それと同時に、地元の大学にて通信教育生として合格。
精神保健福祉士専攻にて勉強開始。
職場復帰もしたものの、2年半後、再び摂食障害によりドクターストップ(休職)。大学も、1年留年することを決めて治療に専念する。
2007年10月、神奈川県にある病院にて、摂食障害の入院プログラムを受けることになる。
4ヶ月入院し、2008年2月1日、プログラム途中にて退院。
入院中はほぼ過食嘔吐はなかったものの、自宅へ戻ってから、主に夜だけ過食嘔吐が復活。
2009年、精神保健福祉士と社会福祉士の国家試験受験、大学卒業が決まる。
そして、2009年3月31日に退職。
また、同じ日に精神保健福祉士に合格。
4月2日、福祉の道を歩むことになる。

ブログはこちら → さちがっちゃん、きょうもいく(?!)

☆ メッセージ ☆ °・*:..。☆ °・*:..。☆ °・*:..。☆ °・*:..。☆
大学では精神保健福祉士と、社会福祉士になるための勉強をしました。
そこで摂食障害をお持ちの方に、私が勉強してきた福祉などの制度や、私が今まで経験してきたことなどから、みなさんの発想の転換のきっかけ作りに役立つよう、わかりやすいように何か伝えられればと思い、コラムを書くことにしました。
何か困ったことやつらいこと、相談したいことなど、未来蝶ネットにメールをしていただければ、なるべく記事で取り上げてお答えしていきたいなと思っています。
未来蝶netを見てくださっている方のお役に立つよう、これからどんどん情報を発信していきますので、よろしくお願いします☆