トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 仲間に聞いてみよう!Vol.2 就労支援事業所を開設した鈴木こころさんにお聞きしました

摂食障害の基本知識 ~仲間に聞いてみよう!

Vol.2 自分が必要だったものをぜんぶ投入したらどうなるだろう~就労支援事業所を開設した鈴木こころさんにお聞きしました

 愛媛県松山市の摂食障害自助グループ「リボンの会」は平成16年に活動をスタートしてから毎月一度、緩やかに繋がることのできる安心できる居場所を重ねてきました。そして平成29年1月、その発展形として摂食障害やそのほかの心の苦しさを抱えた人のための就労継続支援B型事業所「オフィスパートナー湊町ブランチ」をスタート。今後の活動の広がりや深まりが期待されます。代表の鈴木こころさんにお話をお聞きしました。

(2018/1/15公開 取材:あかりプロジェクト いづ)

プロフィール

●鈴木こころ さん(40歳)

1977年生まれ。愛媛県四国中央市出身。
高校生のときに、摂食障害を発症。拒食症になり、一時は体重が28kgになる。
高校卒業後、福祉を学ぶ専門学校に進学するも、過食と過食嘔吐に苦しむ日々を送る。
その後、引きこもりになり、長い時間を過ごした後、就職し、福祉分野の支援業務に従事。
2004年より、摂食障害の自助グループ「リボンの会」を設立。同じ摂食障害に悩む女性のためのグループを始める。
その後、結婚して松山市に転居。まちづくり施設やNPO 等での勤務を経て、2016年に(一社)愛媛県摂食障害支援機構を設立。
2017年、オフィスパートナー湊町ブランチを開所。
◎好きなもの:日本酒、からあげ、チェブラーシカ。

●オフィスパートナー湊町ブランチのウェブサイト

https://www.ehime-sessyoku.org/