トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 仲間に聞いてみよう!Vol.2 就労支援事業所を開設した鈴木こころさんにお聞きしました

摂食障害の基本知識 ~仲間に聞いてみよう!

“きっかけは高1のクラス分けテスト

-まずこころさんの摂食障害のご経験やリボンの会を立ち上げた経緯など、その辺からお聞きしたいと思います。

鈴木こころさん 高校1年生のクラス分けテストで入りたかったクラスに入れなくって、父母が望むような頭のいいクラスに入れなかったことがすごくショックだったんです。なんか、落ちこぼれなんやなあと思って。ちゃんと真剣に勉強しなければならないなと思って、そこからガリ勉を始めたんです。ああ失敗した、2年生の時にはいいクラスに入ろうと思いました。

 ついでに「デキる女は痩せている」というか、テレビドラマとかでカッコいいキャリアウーマンがハイヒール履いて歩いている姿とか、なんかああいう姿にあこがれたんです。そういうイメージしか高校生の時ってないんですよ、田舎だし。そういう「カッコいいデキる女になりたい」みたいな変な空想があって、ガリ勉とともにちょっとしたダイエットを始めたんです。

最初はそれぐらいのきっかけで、ごはんをちょっとやめてみて。それよりどっちかというと、最初は勉強をすることが優先で、中学時代に勉強してなかったので、どんどん成績が上がるんですよ。順位も上がるし偏差値も上がるし、それが楽しくて数字にこだわるようになったのと、プラスそこにダイエットも取り入れてしまったので、ダブルで数字にこだわるようになってしまったんです。成績はトントントンと上がるのでそれもうれしかったし、体重も面白いように落ちていくし、「何でもできる」って思ってしまって、そこから強迫的に数字にこだわるようになったのかな。

-うんうん。