トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 仲間に聞いてみよう!Vol.1 摂食障害の方の会、「Peer」スタッフによる対談

摂食障害の基本知識 ~仲間に聞いてみよう!

Vol.1 摂食障害の方の会、「Peer」スタッフによる対談 広げよう!自助グループの輪  仲間とつながることが、変化につながる

 2007年、長野県松本市で活動をスタートさせた、摂食障害の方のピアグループ(=自助グループ)「Peer(ピア)」。当グループでは長野県松本市で月3回、山梨県甲府市で月2回、当事者やその家族を中心にミーティングを行なっている。また2010年に「摂食障害コミュニティPeerful(ピアフル)」を立ち上げ、2011年9月には、当事者がつくる摂食障害の方を元気にする雑誌「Peerful」を創刊。今後の活動の広がりが期待される。 今回は「Peerful」の運営者である“はるさん”と運営サポートの中心メンバーである“みきさん”にお話を聞いた。

(2012/4/14 取材・文 ライター佐々木淳子)

プロフィール

●はるさん(33歳)

「Peerful」の運営者。専門学校を卒業して、就職するがしばらくして拒食症になる。拒食から過食へ進んだ時期もあるが、ピアグループ「Peer」を自ら立ち上げ、仲間とのつながりや、様々な出会い、経験などの中で、自分の症状もなくなる。Peerの活動は今年で6年目。今も当事者と同じ目線で仲間たちの心に寄り添う。

●みきさん(25歳)

高校1年の頃から、拒食・過食の症状が出始める。今も過食嘔吐の症状はあるが、ピアに関わるようになってから、より自己肯定感がはぐくまれるようになった。現在、アルバイトをしながら、Peerfulの運営に携わっている。雑誌「Peerful」の取材も担当。

●Peerfulさんの情報はこちらのブログから☆

http://peerful.exblog.jp/