トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 いろんな人に聞いてみよう!vol.3 身体から出す言葉とは???~池見隆雄さんとの座談会

摂食障害の基本知識 ~いろんな人に聞いてみよう!

「何かを出したい」は聞いて欲しい感じ

みか : 私は中学のときに突然症状が起こったんですけれど、どちらかというと入れたいよりも出したいってほうが強くて、何か吐きだしたいっていうか、中にあるものをすごく出したい。でも、私は自助グループをやってるんですけど、出すことに対する罪悪感もあって、出した後に、言ってしまった…みたいな罪悪感みたいなものもすごくあって…

池見 : 罪悪感?

みか : そう、さらしてしまうって感じで恥ずかしさとか…

池見:その、出したいというのは、単に吐きだすっていう感じ?それとも出すことによって例えば、それをわかってもらいたいとか…

みか : そう、ちゃんとこう、聞いてほしい感じ

池見 : そうしたら、その、出すことによって罪悪感を感じたり、さらしたって思ってしまうのは、受け止められてない…というか、すくなくともみかさんが受け止められたという感じを持てていない…

みか : 言葉が通じてないというか、言葉の持っているニュアンスがうまく伝わらないという感じが受けることがあって、親しい人からよく言われるのは言い換えが多いって

池見 : ほう

みか : 私が何かを言って相手が何かを返してくれた時に、いやいやそうじゃないって私が言ったことは、相手にとったら多分何ら変わりのない言葉みたいで、私が言ったのと一緒やんってよく言われるんですけど、でも私にしたら、すごく外れているわけじゃないんだけど、私が伝えたいニュアンスとは違うのが伝わってるなっていう…で、そうじゃなくて私が言いたいのはってことを言うといやいや一緒やんみたいに言われるので、そこであきらめてしまうじゃないけど…伝わらないなって

池見 : 伝わらないなってね…。そうするとなにか自分を責めてしまう?

みか : なんかそんなこと言ってる私は…みたいな感じ…

池見 : それは、言ってみればみかさんはこう、自分がある程度相手に話してちょっと微妙に違うと。だから、また自分の近い言葉をなんか出そうとして話すと。そうすると向こうは同じことであると言うわけだけれども。でもみかさんは、なんか向こうが言ってるのが違うって感じてるのは、そしてそれを言い換えようとするのは、僕にしてみれば、みかさんが自分の身体を感じてて、その身体がやっぱりなんか違うとどこかで感じてて、身体の感じに合わせようとして言い換えようとしてるっていう、僕としてはそんなふうに捉えられて。でもそういうふうに言い換えつつ、本当はだんだんこう、自分のまあ身体って言葉を使えば、それが感じてるところに迫っていけると本当にいい。だからみかさんがやってることはすごく、なんていうのかな、自分の気持ちに、あるいは身体に近づいていくことを試みてるんだなあっていう感じで今は理解したんだけれど

みか : すごく時間がかかるやり取りだし、なかなか受けてくれる人もいない…

池見 : エンカウンターはまあ、短いのは1日とかだけど3泊とか2泊でやるんですよ。やはり時間がかかるんですよ。人のことを、お互いにすり合わせていって、自分のいいたいこと、相手の言いたいことを受け止めあうっていう、だから時間がかかる・・・・。でも、その話を聞いて、ああ、みかさんという人とちょっと「出会えた」っていう感じがしたな