トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 いろんな人に聞いてみよう!vol.1徳法寺 杉谷淨ご住職

摂食障害の基本知識 ~いろんな人に聞いてみよう!

“受け容れる”ことを仏教では“諦める”と言います

-私たちが摂食障害という病気から回復していくときに、「ありのままの自分を受け容れていくこと」がポイントだったように感じています。今日は仏教の観点、ご住職の観点から、その点についてお聞かせいただければと思います。

杉谷淨ご住職  「ありのまま」についてはいろんな言葉で説明されていまして、実はこの前もラジオで話したんですが、「諦める」という字があります。訓読みでは「あきらめる」、音読みですと「タイ」ですが、仏教では「悟り」に近く、「頷く」という意味です。「あきらめる」という日本語のニュアンスとはかなり違いますね。日本語の「あきらめる」は、「努力を放棄する」「努力しないといけないんだけど面倒くさいからやめた」という意味と、もう一つは「現実を受けとめる」つまり「背伸びしたけど自然にいけばいいよね」と、変えられない現実を肯定する意味です。それを仏教では厳密に分けていて、「現実を受けとめる」という意味で「諦」の字を使います。

 例えば一番代表的な仏教の教えでは、「老病死」はどう努力しようが変えられない現実です。いくら若かろうが必ず老いは来ますし、どれだけ健康に気を遣っても病気はしますし、どんな人でも死なない人は絶対にいない。これをちゃんと受けとめないで、老いること、病気をすることに目をふさぎ、死ぬことを考えないようにしてしまうと、現実が見えませんから、結局自分を誤魔化していくしかない。逆に、自分が年をとっていくことに頷き、年を重ねることに魅力を感じ、年をとることは当たり前のことと受け容れていく。病気は悪いことだと決めつけないで、そんなこともあるんだと受け容れていく。病気をすることで、いろんな人に自分の生きざまを示したり、初めて気づくこともあるわけです。見たくないものに目をふさぐんじゃなくて、それも大事なことだと頷き、引き受けていく。それが「諦」という字の意味なんです。

 例えば思春期のころに、おじいちゃん、おばあちゃんを見ていて、「おれは年とったら絶対ああはなりたくない」「皺だらけで、腰が曲がり耳が遠くなって、醜い姿をさらす前に人生を終わらせたい」と考えるのは、老いが自分にとって暗いイメージになっているからです。でも、それがある程度いくと「悪いことばかりでもないよね」と思えてきて、生きることが楽になる。それは実は「楽になる」「楽にならない」という以前の問題で、もともと避けられない問題です。

 どんな人でも自分の見たくない面を持っています。私は100%だと思う人はよほど呑気な方か、すごい自信過剰な方です。どんなに綺麗な方だって、自分の顔にコンプレックスを持っていて、限りなく美容整形を繰り返す方もいらっしゃる。ものすごい才能を持っている人でも、何か足りないんじゃないかと思うから、さらに努力を重ねていったりする。それがある意味のコンプレックス、自分に対する不満です。それがいいふうにばかり行けばいいんだけど、逆に「自分はダメな人間なんだ」「自分は存在してはいけないんだ」とか「周りに迷惑かけているんじゃないか」「このまま行ったら自分がどうかなってしまう」とか、将来に対して暗いイメージを抱くと、自分の人生自体がつまらなく思えてしまいます。

 才能とか身長とか顔形とか、人によって悩みの場所が違うだけで、実はみんな悩みを持っています。端からは「あの人、悩みなくて恵まれてるわね」「私はこんな問題を持っているけど、あの人は持っていないから、いいよね」というふうに見られる。でも、人にはその人なりの悩みがあり、周りが知らないだけなんです。

 お釈迦さまの逸話ですが、世の中に出て不幸なことが続いた婦人が、「なんで私ばっかりこんな不幸な目に遭うんだろう。どうかこれ以上不幸が続かないように、いい方法を教えてください」と話をしたわけです。するとお釈迦さまは、「わかった、いい方法を教えてあげよう。村の中を歩いて、私の家は本当に幸せなんだという家を何軒か探してごらん」と言った。その婦人が探しにいくと、実はそんな家はなかった。自分だけが不幸だと思っていたけど、入ってみるとどの家にもみんな問題があって、自分だけが不幸だと思っていたこと自体が間違いだったことに気づいた。自分の身に起こった都合の悪いことを「こういうこともあるよね」と受けとめている人がいる一方で、自分にとって不都合なことに「なんで私ばっかりこんなことが起こるんだ」と、自分に対して自分は不幸な人間だと決めつけてしまい、どんどん顔が卑屈になり穏やかな顔から離れいく人がいる。つまり、世の中で幸せな方というのは、恵まれた環境にある方ではなくて、自分の身に起こってくることを引き受けられる方です。

 仏像とか菩薩、去年は阿修羅が流行りしましたが、穏やかな顔というのは、思いがかなった顔ではなくて、現実を受けとめた方の顔です。どんなことにも「そんなこともあるよね」「自分でつくった命じゃないし、自分で考えてプロデュースした人生じゃない。誰でも自分の思うままにいられるはずはない」とか「これもありがたい」と受けとめられる方が幸せな方です。「こんなはずじゃない」と言い続けると、自分で自分をどんどん不幸にしていきます。

 そのようにして受けとめること、仏教ではそれを「諦」という字で表します。決してマイナス思考ではなくて、ちゃんと受けとめて前に進んでいくための大事な言葉です。ただ、日本語では「あきらめる」と読まれるため、仏教はすぐ「あきらめる」と思われがちです。例えば浄土真宗の「他力」は「人任せ」だとよく誤解されます。はい、もともと人任せなんです。自分でつくったものは何もないんですから。どこの国に生まれるか、男で生まれるか女で生まれるか、どんな顔立ちがいいとか、自分で決められるものは何もない。性格だって自分で決められません。自分でメニューを選べない定食屋さんのようなもの。選べない自分の人生のお皿をおいしくいただける方が幸せなんです。「私、これ嫌、隣のがいい」と言う方が不幸なんです。隣の方だって自分でオーダーしたんじゃない。気がついたらその料理が目の前にあったわけです。

 誰が不幸か幸せかと言い始めたら、「何を尺度にしているのか」という話になってきます。結局、自分の人生が幸せかどうかは、最後は自分で決めているんです。決して絶対的なものはないわけで、環境に恵まれなくてもいい顔をして生きておられる方もいるし、恵まれていても険しい顔の方もいる。物があれば幸せじゃないし、自分の思いどおりになれば幸せなわけでもない。逆に、自分の思いどおりの道を歩めなかったことで、実は思いもしなかった方と出会ったり、思いがけないことに気づいたりできるとしたら、その寄り道は無駄ではなかったことになります。自分の予定どおりの人生を歩んでいたら、きっと考えもせず、わかりもしなかったことが、迷子になったからこそ、「あそこにあんな花が咲いていた」と気づかされるわけです。もし正確に真っ直ぐ生きていたら素通りしていたことに気づけるわけです。ならば、迷子は無駄なことではなかったことになる。運というのは、引き受けるから見える。「なんであのとき迷子になったんだろう」と考えると、すごく大事な人に会っていることにも気づかないまま、真っ直ぐに行った人をうらやましいと思ってしまう。でも、真っ直ぐに行った人には見えなかったもの、気づかなかったものが、寄り道したからこそ見えてくることがある。その両方の人がいて社会なんですよね。お互いに補完するわけです。一人の人間が全部の人生を歩めません。一人に一回の人生です。いろんな人がいろんな人生を歩んでいるのが全体の社会ですから、真っ直ぐに行く人も迷子になる人もいる。迷子になった人が真っ直ぐに行った人に、「いや、それだけじゃないよ」と教えてあげられ、それに対して聞く耳があれば、「ああ、そうなんだよね。自分は真っ直ぐに来たから気づかなかったんだね」と、認め合える社会になっていきますね。