トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 ドクターに聞いてみよう!vol.7安藤哲也さん

摂食障害の基本知識 ~ドクターに聞いてみよう!



治療支援センターの役割_窓口、連絡協議会


みか : 支援センターというのは医療者の支援もするし当事者の支援もするという2本立てだと考えていいんですか?


安藤 : そうですね。要綱にも書いてあるのですが当面は患者さんの窓口を開いてそこで直接、患者さんやご家族の相談に乗る。ある程度、診療経験のある人が担っているので地元ではそれで対応できていますが、全国的にはそれでは間に合わないのでね、ウェブサイトで告知をしたり一般の方にも広く摂食障害について知ってもらう。それから、摂食障害対策連絡協議会というのを、それぞれの支援センター設置県に設けて、そこには患者さんやご家族、自治体の方にも入っていただいくことになっていて、ご家族や自助グループもこれから関わっていくことになるかと思います。


いづ : 協議会に患者さんも入るとおっしゃったのはご家族ですか?それともご本人なり経験者がもう入っていらっしゃいますか?


安藤 : そうですね、人選がなかなか難しいですがとりあえずは、支援センターの医療機関に来ている患者さんが入っていたりしますね。


いづ : なるほど、それはうれしいですね。


みか : どこのセンターの先生方もすごくたくさんのことを、今されているのかなと感じていて、診療もセンターの業務もだと大変だなあと思うんですが…


安藤 : それは私もそうですし、他の支援センターの先生もそうですが、みんなセンター専属ではないんですね。通常の業務にプラスしてという形です。まあコーディネーターは専属ですが非常勤ですし、他は今までの通常の研究とか診療とか教育もしながらですね。


みか : それは単純にすごい大変だなあと…


安藤 : あはは、そう言っていただくとありがたいですね。