トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 ドクターに聞いてみよう!vol.7安藤哲也さん

摂食障害の基本知識 ~ドクターに聞いてみよう!



当事者や自助グループに情報が落ちていない?


安藤 : 日本摂食障害協会には関わっていらっしゃるんですか?


いづ : いえ、関わっていないんですよ。こちらもまた内容がよくわからないままでいるのですが、この後ちょうど市民公開講座があるのと、明日は鈴木眞里先生(※理事のお一人)にもインタビューをさせていただく予定なのでそうすると何かわかるかなと。


安藤 : 僕らもまだ協会のことはそこまで詳しくないんですが。


いづ : 支援センター設置運営事業と摂食障害協会の関係性っていうのはどんな感じなのですか?


安藤 : そうですね、私もまだ摂食障害学会に関わって間もないのでそこまでわからないのですが、理事会なんかではだんだん話されてきていますね。学会や基幹センターとしては協会の活動の状況を見てからどう関わるかを探っていく形ではあると思います。


まっちゃん : 自分は医療に携わろうと思っている卵なんですけど、いろんなところで壁があるんじゃないかなって思ってて。システム的なところから、自助グループや当事者に情報が落ちていないように思うんですが、風通しを良くはできないものなのでしょうか。多職種連携というところで、あくまでも私の感覚ですが自助グループが外されているのではないかなっていう印象があって…。自分も今後摂食障害に関わっていきたいと思っていますが、私なんかはそういう連携って必要かなって思っていて、このままだと将来的にも明るい見通しが立たないというか、摂食障害という大きな問題を解決していけないというふうに感じるんです。


安藤 : どういう情報が欲しいっていうことなんですか?


まっちゃん : 例えばドクターから自助グループを紹介するとか、そういった連携の仕組みですね。そういった研究なんかはされていないんでしょうか。


みか : 自助グループも重要な社会資源の一つとして捉えてもらえたらいいっていうことだよね。


安藤 : そうですね、私のほうではそこまではフォローできていないですね。


まっちゃん: なかなか難しい問題だとは思うんですけど…。


安藤 : そうですね、やっぱりまず治療しなければいけないという現実があって、そこまでまだ手が回っていないんでしょうね、今はね。


まっちゃん : そういうところも連携が取れないと将来は明るくないんじゃないかって感じていて、そういう仕組みができていけばいいなあと。


安藤 : 本当にそうですね、そうだと思いますね。どういった情報が欲しいとかどういったことが伝わってほしいとお考えでしょうか。


まっちゃん : まず情報が見えないし、ドクターの中には情報が行かないようにしていたりお互いに情報を遮っているのかなと感じることさえも…。


安藤 : 今日の話みたいなことですか。


まっちゃん : 摂食障害学会で話されることにしてもデリケートな話でもあるし個人情報の面もあるでしょうけど内容が公開されていない。もっと情報を開示すれば風通しが良くなるのかなあと思ったりもするので。


安藤: 情報開示ですよね。例えばウェブサイトなんかで…むしろどういう情報が欲しいでしょうか。