トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 ドクターに聞いてみよう!vol.7安藤哲也さん

摂食障害の基本知識 ~ドクターに聞いてみよう!



現状を世間に知らせるために当事者にできること


いづ : 自助グループもぜひそのシステムの中に入れていただいたら経費も節約できるんじゃないかと思うんですが(笑)


安藤 : ああ、そうですよね。


いづ : 私もそうですが自助グループは基本的に自分たちのためにやっているので、そういうのが上手く繋がっていろんな人が連携して治療費も抑えることができて本人が楽になるのも早くなっていけば…


安藤 : 患者さんは病院で治療していても居場所がないですよね。体重が戻ればそれでいいというわけでもないし、その後にはずっと外来で診ていくんだけれど、それだけでは不十分ですよね。


いづ : 本当にそうですよね。


安藤 : 精神保健研究所の摂食障害研修の中にも当事者から話を聞く試みもあるんですよ。


いづ : それはうれしい!


安藤 : とある支援施設にご協力をいただいて、そちらの当事者や回復者に体験談なんかを話していただいて、それが結構医師には新鮮みたいで、医師は診療の中で治療者と患者という枠組みで関わっているとなかなか患者さんがどういうことを思っているのか聞けないこともあるんですね。どうしても治るまでに時間がかかるじゃないですか。そうすると自分が関わっていく中でなかなか良くなるイメージが見えないとか、あるいはせっかく治ったと思ったら再発してしまうとか、無力感とか徒労感みたいなものがあるようですね。そういう意味ではやっぱり実際の患者さんに話を聞くことは大きな意義がある。医師も自分がよかれと思ってやっていることが本当にいいことなのかわからないんです。


いづ : そういうふうに当事者の声を聞いてもらえているというのは私たち同じ当事者からしたら本当にうれしいことです。


安藤 : それは本当に必要なことだなあと思います。真っ只中の患者さんはなかなか自分のことを客観的に見れないとか、栄養が行きわたってなくて視野が狭くなってるとかあるんですけれども、医師にとってはそういう時にその場ではなかなか聞けないことも、回復した人には聞きやすいっていうのはありますね。


いづ : 私たちのわからないところで厚労省や医師がどんどん事業を進めていらっしゃって、「当事者の声がどんなふうに反映されていくんだろう」というのが正直心配だったので、そういう取り組みもあるんだと知ってとてもうれしい気持ちです。


安藤 : 本当はまだ当事者の声ってやっぱり伝わってないですよね。自分がそんな治療を受ける価値はないと思っていたり、周囲との競争みたいなところも出てきますよね。でも自分にはそんな価値がないと思うのも治したくない気持ちも病気の一部だと思っているので、それも含めて関わっていくことが大切ですね。当事者からもこれを何とかしたいという声を出してくれたらいいなあと思っていますのでね。というのは先ほどの話にもあったように行政と関わっていると行政の場合は住民にどれだけ困っている人がいるかというのが非常に重要で、困っている人がいるんだったら何とかしていかなくてはいけないわけですね。存在をやっぱり知ってもらう、どうやったらアピールできるか、ということですよね。


いづ : そうですね、どうやったらできるんでしょうね…。うーん。


みか : 自助グループがまとまって声を挙げる必要とかあるんですかね。


安藤 : あるいはまあ、数値化ですね。医療に診てもらえない人がどのぐらいいるかとかね、行っても満足な治療を受けられなかった人がどのぐらいかとか、期間がどのぐらいかかったかとか、何軒回ったかとか。


いづ : うーん、それならできるかなあ。


みか : そうだね、医療との関係とか調査のテーマを絞ればね。


安藤 : 困っている人がたくさんいるっていうのがわかるような。


みか : 困り事がはっきり見えるようなね。


いづ : なるほど…うんうん。


安藤 : 全ての事実事例をまとめるのは難しいけれど、そこから抽出していけばいいと思うんです。いつも必ず聞かれるんですよね。患者さんはどれだけいるんですかとか、何が必要ですかとか。もちろん経験から話すんだけれど、ではデータはありますかって言われちゃうのでね。必ずしもきちんとしたものでなくても何かデータがあればもっと説得力があると思うんですよね。せっかく自助グループが全国にできてきているんだから全体でやってみるのもいいかもしれませんよね。センターでも関連する研究計画が出てくるかもしれないし。ちょっと考えてみますけどね。


いづ : 私たちも何かそういった調査がもし実現できてデータが出てきたら安藤先生にもお送りしますね。


安藤: そうですね。