トップ >> 治療に関する情報 >> 摂食障害の基本知識 ドクターに聞いてみよう!vol.1大河原昌夫さん

摂食障害の基本知識 ~ドクターに聞いてみよう!

親が無理解だったら無理解の上でやるしかないんですね

―私のイメージでは、家族会にいらっしゃるような親御さんは、わりと協力的に積極的に親身に子どもとかかわっていくタイプの方が多いかなと思うんですけど、中にはそうはいかない親御さんも…。

大河原昌夫先生ずっと来てもらうにはこちらのテクニックもあるんですが、最初から嫌だと言う人もいる。それは子どものために努力したくないんですね。子どものことより自分の見栄が優先です。

―そういう場合、その子どもはどうしたらいいのでしょうか。

それでも、元気になっている人もいるんです。この間、東京でテレビ番組に出演したとき、ある自助グループの人に会った。一人が僕を覚えていて声をかけてくれて、びっくりしました。僕が昔ここで診ていた人なんです。ひどい家だった。お父さんがアルコール依存症で暴力的で、とってもひどい家だったんです。彼女、回復しているんだよね。わかんないものだと思いましたね。力強かったです。ちゃんと自助グループに通って、仕事もしてるんです。それを見たら、頑張って偉かったなー、人間ちゃんと元気になるんだと思いましたね。だから、中途半端な家族よりもよかったのかなと思いました。もちろんその人にも力強さはあったんだね。家族が無理解な分、仲間を見つけられたかもしれないし、わからないですね。親が無理解だったら無理解の上でやるしかないんですね。中途半端な理解は本人の回復を妨げる場合もあるでしょうし。