トップ >> 摂食障害経験者の声 >> 摂食障害体験談 ~Vol.8福多唯さん

体験談 ~Vol.8 福多唯さん

アディクションからの回復とは、
自分自身の価値観を生きることでした

結婚は、「何とかしなければ…!」となるきっかけでした

 アディクション回復の重要なきっかけは、私の場合は結婚で、「人生や生活が自分一人だけのものではなくなった」と感じ始めたことだったと思います。それまでは所詮自分一人の人生だとどこかで冷めていて、「どうしてもこの問題を何とかしなければ…!」という切実な思いを持っていなかったのに対して、結婚は、「何とかしなければ…!」となるきっかけでした。

 私、危険な香りのする人やダメな感じの人が大好きなの(笑)。こんな人とこんな交際をしていても自分がボロボロになるだけだ、みたいな世界観にキューっと惹かれちゃう。幸せになりたい一方で、所詮自分などこの程度がお似合いだ、みたいな感じがあって、…っていう言い方も相手に失礼やね(笑)。ってことも今になるとわかるんだけど(笑)。…とにかく、激しい恋愛をしていても幸せが遠いのはなぜ? みたいな。

 でも、夫は全然違いました。まず、危険な香りがしなかった(笑)。私へのアプローチや関わり方も、それまで私が恋愛関係に陥った人たちとは違っていて、いわゆる『ズルズル感』や『計算』がないんです。なんていうか、ヘルシーな感じ。彼の家に初めて行って両親にお会いしたときにも、私が知っている『家族』の空気とか、私が知っている親像とはなんとなく違う印象でした。

 今までの私のパターンや世界とは、この人たちは全然違うところにいるんだなと思って、この人と人生を共にすれば、私でも《あっち側の世界》にいけるかもしれない、という感じがしたんです。

《あっち側の世界》は居心地が良くなかった

 でも、すぐには行けないんですよね。私には私なりの行動や思考回路の癖があるので。 それに、彼側のヘルシーな世界には私は馴染みがないから、最初はあっち側は期待したほど居心地が良くなかったの。ならばこっち側に彼を引きずり込もう、といろいろしてみましたが(苦笑)、彼は絶対にこっち側にはこない人でした。すぐに同じ世界に住めるようになったわけではないんです。今は、私も、健康な世界にいる、…つもり(笑)ですけど。

 例えばね、彼はよく「お互いに足をマッサージし合おうよ」って言ってくれてたんです。でも、私はそういうのが大の苦手でダメだったから、「マッサージをしあうなんてイヤだ」ってことを言うんだけど、すると夫は、「じゃあ、君は何もしなくていいよ」って私の足をマッサージしようとするの。でも、そんなことをされちゃったら、私は彼に何もしてあげていないのに彼からしてもらっているという構図に非常にいたたまれない気持ちになって、益々私には苦痛なわけですよ。で、彼にもそう説明するんだけど、でも彼は「ボクは、君の疲れている足をマッサージしたいからするだけで、君がそのことで僕にお返ししなくちゃと思う必要はないから」と平然と続けるわけです。

 夫婦なのにそこまで言われて頑なにマッサージを拒むのもナンかなと(笑)、「じゃあ、私はあなたにはマッサージしないからっ。『してあげたのに』とか後から絶対に言わないでよっ」と念を押して、やっとの思いで足を出したり、背中をほぐしてもらったり。そうやって念を押しても、最初の頃は『してもらっている』という構図が苦痛で、マッサージを快適に思うどころじゃなかったです。

「こうでなければいい人生を送れるはずがない」
と思っていたのと違う路線で、
幸せそうにしている人がいる

 それを積み重ねていくうちに、世の中には本当に、何の見返りも代償も求めずに、私に何かを与えたいと思ってくれる人がいるんだ、ってことがわかってきました。《良い子でなければ愛されない》とか、《善い人間でなければ人からのケアを受けるに値しない》とかの思い込みの塊だった私には、延々とただマッサージをし続けてもらえるという関係性は理解しがたかったけど、夫は本当に私に見返りを求めなかったし、しかもなんか、楽しそうなの。新鮮でしたね。

 今でも、私はほとんど彼にマッサージはしないです。って威張ることでもないか(笑)。その上今は、「肩が凝ってて痛いんだけど、ちょっと揉んでくれない?」と、自分から夫にリクエストまで出しちゃってます。

 彼は私にとっては、私のパターンや私の中に刷り込まれた概念とは全然違うところで、おおらかに伸び伸びと、そしてそういう自分に堂々として生きている人なんですね。

 私が「こうでなければいい人生が送れるはずがない」と思っていたのと全然違う路線で、幸せそうに生きている人がいて、そういう人と毎日一緒に過ごして顔を合わせていると、徐々にですけど、「ああ、別の路線でも行きたいところに行けそう。大丈夫なんだな」って、思えるようになりました。そうやって徐々に『あっち側の世界』の住人になれた感じです。