トップ >> 摂食障害経験者の声 >> リカバリーフレンド座談会~私たちが今、ここにいる理由

リカバリーフレンド座談会 ~私たちが今、ここにいる理由

あかりプロジェクトと繋がったきっかけ

saahko/ 私たちは今ここに出会って、同じ目的を持って活動しているワケですが、何故皆さんはここにたどり着いたのか、というあたりの話を聞けたらなあと思います。

 私が摂食障害を抱えていたのは、高校1年生から20歳くらいまでの期間でした。ちょうど自分の将来だったり・進路を決める大切な時期に摂食障害を抱えていたので、仕事や自分の将来について真剣に考えてこなかったんですね。結婚して子供が2人生まれた時に「この子たちを成人まで育てなきゃいけない。それは母親としての私の責任だ。じゃあ、私に一体何ができるのだろう?」と思った時に、私は資格も何も持っていなくて・・・。でも、きっと「私にしかできない、私だからこそできることがあるはずだ」という思いがあって、そこから“今の自分に出来ること”を模索するようになりました。その頃の私は、摂食障害だったこととか、乗り越えてきた経験があったことをすっかり忘れて生きていたんだけども、ちょうど“自分に出来ること”を模索し始めた頃に、摂食障害の経験を思い出したので、「もし私にできることがあるのであれば、摂食障害に関する方向に何かあるのじゃないかな?」と思って、歩き始めました。

 しばらくはネット上にある、摂食障害の方たちが集う掲示板(「こころの問題を考える会」)に、回復者としての立場から書き込みをしたり・・・と、私個人で動けることで活動してきたんですけれども、2008年の終わり頃にあかりプロジェクト(以下:あかりPJ)と出会って、やっと同じ方向を向いて歩いていける“仲間”に出会えたなぁという感覚を得て、今、私はここにいます。

 これまで、摂食障害を治す過程だったり、「自分に何ができるだろう?」と模索してきた時に、私はずっとずっとひとりきりで歩いてきた感覚があったのだけれど、あかりプロジェクトと出会えて、今・ここに来て初めて“仲間”に出会えた!という感覚があって、本当にありがたく思っています。

けいちゃん/私は高校卒業するくらいから拒食になって、働き始めてから過食嘔吐に転じて、10年かけて治したというような経緯を経ています。

saahko/ けいちゃんは「看護師さんになろう」って、自分の将来をちゃんと考えてきたのが偉いよね。看護師さんを目指そうと思った時はまだ症状は出てなかった・・?

けいちゃん/  ううん。高校生の時は拒食真っ最中だったからね。私は10年かけて治したんだけれども、その後、私も何かできることがあるかなということで、治った後に初めて「自助グループがあるんだ」ということを知って、初めて参加したのが『かなりあしょっぷ』でした。そこでめぇぐさんと出会って、インターネットで摂食障害フェスティバル(以下:フェス)を知り、そこでsaahkoさんと出会って、その後、あかりプロジェクトと出会って、あかりPJの活動に参加させていただく経緯になっています。

 初めは、今、しんどい人のために何かできればという思いで自助グループやあかりPJに関わるという感覚だったんですけども、実際に参加してみると、私の方が逆に学ぶことが多いような気がする。今、私のこの生きづらさのためにあかりPJの活動が必要やなと思うので、続けているような気がします。今、苦しんでる人とともに自分も学びつつ、自分を開拓するために活動したいなって思っています。

めぇぐ/  私は中学の時から約10年間、摂食障害で苦しんできて、今、苦しい人たちに、摂食障害になったから気づいたことや乗り越えたからこそ初めて気づけたことを少しずつ伝えていけたらいいなという気持ちであかりPJで活動させていただいています。

 初めて行ったかなりあしょっぷという自助グループでけいちゃんと出会い、それから、2、3年後にけいちゃんと再会した時にあかりPJのことを聞いたのがあかりPJとの出会いです。今後も、あかりPJで活動していく中で、自分と自分の感情に向き合い、皆と一緒に自分自身も成長していけたらいいなあって考えています。

ルマ/  私自身は15歳くらいからすっごい食べて、すっごい太って、どうにもならなくなった後、大学を辞め、自助グループに繋がりました。過食症じゃなくなったなと感じてから5年経ってます。

 saahkoさんとは「こころの問題を考える会」というネットの掲示板で出会って、「摂食障害を治すことができたら、カウンセラーの資格はないけれども、苦しんでる人たちと何かできたらいいねえ」ということを、治ってもいないのに書いてました・・(汗)。saahkoさんとはずっと交流が続いていて、2008年にあかりPJの存在を知り、現在に至っています。

saahko/  あの当時は、お医者さんや専門機関じゃなくて、摂食障害を経験してきたからこそできる立場で、何かできないかな?っていうことを話していたんだよね。あの掲示板で言い放ったことが、もう数年後に仲間に出会えて、実際に形を形成しつつあって、前進してる!っていうのは夢みたいだね。

ルマ/  夢みたいだねえ。ほんとだねえ。

saahko/ まさか、こんな近くでルマさんと話すことが出来るとは・・・!

ルマ/  そう!だって、京都と埼玉なのに!まさか、会える日が来ようとは!!

saahko/ そうそうそう・・・。出会った頃は思ってもみなかったよね。

 私とけいちゃんが出会った頃も、具体的な事はまだ何にもなかったのだけれど、今・こうして同じ方向を向いて歩いていけるのは、とても嬉しい。

けいちゃん/  嬉しい。当時、saahkoさんと話をしてた時、「何かできそうよね。」とか、「何かしたいよね。」って話してたんだよね。saahkoさんはライブ活動で、私は小説を書くみたいな感じで、違う道で、違うところから何かできたらいいよねっていう話はしてたと思うんやけども。今、こうやって一緒になって活動できてるっていうのもすごく嬉しい。めぇぐさんと会った当時は、めぇぐさん、ちょっとしんどかった時期やったね。

 私は治ってから自助グループを知って「わあ。こんなんがあるんや。もっと早く知ればよかったな。」っていう立場やって。めぇぐさんとは1年に1回くらい会っててね。

めぇぐ/ 私があれから、また沖縄に帰ったから・・・その前かな。

けいちゃん/  1回、喫茶店かどっかでお話して、その後、もう一回喫茶店で会おっかって言って。それが今から2年前くらい。会った時に、めぇぐさん、すっごい輝いててん!前向きな意見が多くて、すっごい輝いてて、めぇぐさん、すてき!と思って、「私、あかりPJで活動しようかなって思ってるけど、めぇぐさんもいかが?」と誘って、今、こういう形で繋がっています。

saahko/ 出会ったのは何年前になるの?

めぇぐ/ けいちゃんと出会ってから5年くらい経つのかな。

saahko/ けいちゃんとめぇぐさんは、初めてフェスに参加した時に会ってたんやね。けいちゃんが初めてフェスに参加した年に、私は初めてルマさんとリアルで会ったんだね。けいちゃんはかつらちゃんで「フェスっていうのがあるんだ」って行って、私もきっとそこに行けば何かあるはずと思って、フェスに行った。その次の年には、けいちゃんと出会わせてもらったんだよね。皆がそれぞれ自分の生きる道を模索しながら歩いてきたことが繋がって、今こんな風に出会ってるってのが素敵!

一同/ そうそう!